女性の薄毛の原因はスマホにあった!?

日本ヘッドセラピーマスター協会が行った調査によると、

『薄毛でない人よりも、薄毛の人の方が1日のスマホ・PCの利用時間が長い』ということが判明したようです。

あなたは知っていますか?

なぜ、スマホが女性の薄毛の原因になるのかを。

女性の薄毛の原因はスマホにあった!?

近年、女性の薄毛が増加しているのはスマホが原因?

近年、女性の薄毛が増加しているのはスマホが原因?

スマホが爆発的に普及してから、日常的にスマホを利用することが当たり前のことになりました。

スマホがあれば、どこでもネットやLINEなどのSNSでメッセージのやり取りが可能になり、ゲームもスマホで手軽に遊べるようになりました。ホント便利になりましたよね。

スマホの普及とともに女性の薄毛が増加傾向にありますが、他の要因も考えられるのでスマホだけが原因であるとは一概には言えません。

しかし、スマホの利用状況によっては女性の薄毛を引き起こす一つの原因になります。

こんな人は薄毛予備軍の可能性が!
  • 暇さえあればスマホ(スマホ依存症)
  • 寝る直前までベッドでスマホをいじっている
  • 暗闇の中でスマホやPCを見ている
  • スマホ利用中に目疲れや目がかすむ
  • スマホ利用中に頭痛やめまいがする
  • スマホを長時間同じ姿勢で見ている
  • デスクワークで1日中パソコンを見ている
  • スマホを使い始めて視力がおちた

上のリストにあてはまるものがある人は、薄毛の原因になっている可能性があるので注意が必要です。

なぜ、スマホは薄毛の原因になるの?

なぜ、スマホは薄毛の原因になるの?

それでは、スマホが薄毛の原因になるかということを説明しますね。

薄毛になる原因はスマホから直接的に受けているものではなく、スマホを長時間利用することで起こる悪習慣が原因なのです。

スマホによって起こる薄毛原因の悪習慣
  • 眼精疲労
  • 睡眠不足
  • 悪い姿勢

この3つが薄毛の原因になる理由とその改善法を説明していきますね。

眼精疲労が薄毛になる理由

スマホを長時間が使っていると、目疲れや肩こりを感じたことはないですか?

スマホをじっと見ていることで目の周りの筋肉が緊張して、血液がスムーズに流れなくなります。そうなると、目が疲れを感じやすくなり疲労が蓄積されていきます。

目の血管は肩、首、頭皮につながっていますので目の周りの血行が悪くなると、肩、首、頭皮の血行も悪くなってしまいます。これらの大事な器官が血行不良になってしまうと、肩こりになったり、頭皮が硬くなってしまいます。

頭皮が硬くなって十分な血液が頭皮に流れなくると、毛根の源となる毛母細胞に栄養が運ばれなくなり、薄毛や抜け毛の要因になります。

スマホの使用⇒眼精疲労⇒頭皮や肩の血行不良⇒薄毛

簡単に言うとこのような流れで薄毛の原因となっていきます。

眼精疲労の改善と予防

眼精疲労を改善・予防するにはどうすれば良いか?

そんな時に有効な目の疲れをスッキリとる方法を紹介したいと思います。

目のストレッチ体操

眼球は外眼筋という6本の筋肉で支えられています。スマホをじっと見ていると、この筋肉が長時間動かされなくなり疲労が溜まってしまいます。

目の疲労を改善するには目のストレッチをするの良いです。

やり方は両目のまぶたをギュッと閉じてから、勢いよくパっと開きます。その後、眼球をぐるぐる右回転と左回転とでまわします。これを何回か繰り返すことで目の周りの筋肉ほぐれて血流が改善されていきます。

また遠くを見るというストレッチも目の疲れを軽減してくれます。休憩中に窓から見える遠くの景色を見てから、目から20~30cm程近くのものを見ます。これを行うことでピント合わせるの際に使われる毛様体筋のストレッチを行うことができます。

ホットタオルで目を温める

電子レンジで温めたホットタオルやホットアイマスクを、目にあてて3~5分ほど温めると、筋肉がほぐれて血流が改善されるので、目の疲れをとることができます。

睡眠不足が薄毛になる理由

睡眠不足が薄毛になる理由スマホから発せられる光であるブルーライトは脳を活発化させます。昼間はいいのですが、夜寝るまに光を浴びると睡眠の質が低下します。また、スマホをベッドに持ち込んで見ている人がいますがこれ良くないです。寝つきが悪くなります。

睡眠の質が低下すると、睡眠中の成長ホルモンの分泌も低下します。この成長ホルモンは疲労回復やダメージを受けた体の細胞を回復させる効果があり髪の細胞や頭皮のダメージも回復してくれます。

つまり、睡眠不足だと髪や頭皮ダメージを受けたままの状態が続き薄毛になってしまうというわけです。

また、睡眠によって薄毛の大きな原因と言われているストレスも解消されるので、睡眠をしっかりとることはとても重要なポイントです。

睡眠不足の改善と予防

寝る2時間前までには、スマホやパソコンの画面を見るのをやめておきましょう。また、寝る前にお風呂でしっかり体を温めると自然と眠たくなり寝つきも良くなります。

寝る時間は7~8時間は確保したいところですが、忙しくてそんな時間ないよっていう方は寝る時間帯にこだわってください。22時~2時までは成長ホルモンが最も盛んに分泌されるので、疲労回復はもちろん髪や頭皮のダメージを回復してくれる効果あります。

悪い姿勢が薄毛になる理由

スマホをのぞき込むような前かがみのような姿勢で長時間いると、首や腰が曲がったままの状態になり血液やリンパ液の循環が悪くなります。

体の血液循環が悪くなると、体の末端にある頭皮の血行が悪くなりやすく栄養分が届きづらくなります。栄養分が不十分な頭皮は硬くなり毛穴に皮脂がつまりやすく、髪の成長の妨げになります。

肩や首は自分でさわってこっていることに気づきやすい部分ですが、頭皮が硬くなっていることに気づく人は少ないので定期的に頭皮のチェックもしておきましょう。

悪い姿勢の改善と予防

悪い姿勢になっているなと思ったら意識的に背筋を伸ばして姿勢を正すようにしましょう。また、正しい姿勢でもずっと同じ姿勢は良くないので、一定時間おきに休憩を入れて立ったり座ったりという動作をとりいれましょう。

あなたは、いつもの癖で以下のような姿勢になっていませんか?

ダメな姿勢
  • 首や背中が丸まっている
  • 片肘をついている
  • 椅子に浅く座ってもたれかかっている
  • 脚を組んでいる

自分が悪い姿勢になっていないか、ぜひセルフチェックしてみて下さい。

スマホ依存から脱却しよう

まとめ:スマホ依存から脱却しよう

スマホは現代人の必需品となっています。スマホ依存症になって、手ばせないという人もいるでしょう。

しかし、スマホの画面を長時間見続けることは身体に害を及ぼすことがあり、髪質や頭皮にも悪い影響を与えます。長時間使用することをやめ、適度に使用するのが一番好ましいでしょう。

薄毛対策として一番いいのはスマホやパソコンの画面をなるべく見ないことですが、意識的に見ないようにすることは難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、スマホに使っている時間を他の趣味の時間などに置き換えることです。スマホを同じくらい没頭できる趣味が良いでしょう。

特におすすめなの運動です。運動は身体はもちろんのこと頭皮の血流改善に効果があり、気持ちを前向きにさせストレスを解消する効果があります。

今回説明したことが参考になれば嬉しいです。あたなが心身ともに健康に過ごされること願っています。