産後の抜け毛が止まらない!原因と元に戻す6つのケア方法

『出産後、抜け毛が止まらない!元も戻るのかな?』

『子供を産んでから、髪が細くなってハリ・コシ・ツヤがなくなった気がする』

あなたはこのような悩みを持っていませんか?

産後の抜け毛が止まらない!原因と元に戻す5つのケア方法

実は私もはじめて子供を出産した後、髪がごっそり抜け落ちて深刻に悩んでいた時期がありました。でも、今ではその原因を調べて、自分に合ったケア方法で髪を元の状態へ戻すことができました。

そんな私の経験をふまえて、産後の抜け毛の原因とその予防やおすすめの改善方法について説明をします。

かなり調べた方なので、あなたに合った改善方法がきっと見つかると思います。ぜひ参考にしてみて下さいね。

なんで産後に抜け毛が増えるの?

なんで産後に抜け毛が増えるの?

産後の顕著な抜け毛は、「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」という呼ばれ方をします。

私の経験上、出産してから3か月後過ぎたあたりが抜け毛が増えました。お風呂で体を洗ったあとに、排水溝を見ると真っ黒になるくらいどっさり髪が詰まっているのに気づいてギョッとした経験があります。

実はこのような産後の抜け毛の症状は、出産後の女性の6~7割が経験していることなんです。なので、「自分だけかも」と不安にならなくても大丈夫なのです。

まず、産後に抜け毛が増える一番の原因は女性ホルモンの変化です。

これは、女性ホルモンで抜けにくくなっていた髪の毛の抜け毛の場合と、女性ホルモンのバランスの乱れからくる抜け毛の場合とで分けられます。

それぞれ説明していきますね。

女性ホルモンの影響で抜けなかった髪が抜ける

女性ホルモンの影響で抜けなかった髪が抜ける

妊娠すると女性ホルモンの多く分泌されるようになります。女性ホルモンは毛の成長を促進させる機能を持っています。

妊娠中は髪の毛が抜けにくく、毛深くなった経験はしませんでしたか?

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、それぞれ毛髪に影響を及ぼすホルモンです。

2種類の女性ホルモン
  • エストロゲン…毛の成長を促進する働き
  • プロゲステロン…毛の成長サイクルを伸ばす働き

この2つの女性ホルモンは、産後3カ月過ぎたあたりから低下していきます。この時に女性ホルモンのおかげて抜けにくくなっていた髪の毛が一気に抜けてしまうんです。

通常は1日の抜け毛の本数は50~100本ですが、出産後の抜け毛はその約2~3倍(1日100~300本)は抜けるといわれています。

このため、出産後に抜け毛が大量に増えて薄毛に悩む方がいますが、これは一時的なものなので心配する必要はありません。

毛髪の成長サイクルは4ヵ月という言われていますので、出産から約半年ぐらいで新しい髪が生え始め約1年後にはすっかり元の通りの髪に戻るのが普通です。

しかし、出産後半年や1年以上経っても髪が細く、髪全体のボリュームもダウンしたままという場合は、育児ストレスなどの他の原因が考えられます。他の原因ついては、後で説明していますのでそちらを参照してください。

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛

産後のホルモンバランスの乱れも、抜け毛の原因となります。

通常であれば女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンが2週間ごと交互に優位に働くようになっていますが、産後の急激なホルモンの変化によって身体がついていけなくなり、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

このようにホルモンバランスが乱れてしまうと、身体に支障が出て身体がだるくなったり、肌荒れが起きたり、抜け毛もその一つの症状なのです。

しかし、産後のホルモンバランスの乱れはずっと続くもではなく、半年~1年で徐々にホルモンバランスが正常に戻り髪の毛も元通りに戻ります。

中には元も戻るまで、ヘアースタイルをロングからショートにしたり、お出かけするときはウィッグを使っている方もいます。

産後半年や1年以上経っても、なかなか出産前の髪の状態に戻らないという場合は他の原因が考えられます。

産後半年以上経つのに、元に戻らない原因は?

産後半年以上経つのに、元に戻らない原因は?

出産後の抜け毛の原因である女性ホルモンの低下や乱れは一時的なものですが、出産してから半年や1年経つのに薄毛が改善されない事があります。

原因はいくつか考えられますので、ここからは一つずつその原因について説明しますね。

ストレスよる原因

ストレスよる原因

特にはじめての出産の方は、馴れない育児にストレスを感じることが多いようです。中には「私にちゃんとママとして育児ができるかな」と不安からくる精神的ストレスを抱えている人もいます。

また、育児に時間を追われて、自分の食事や睡眠が十分に摂れないというストレスや、産後に髪の毛が抜けていくという症状にストレスを感じるという方もいます。

過剰なストレスは血管を収縮させてしまいます。身体の末端に位置する頭皮は血液の循環が悪くなりやすい所でもあり、頭皮の血行が悪くなると十分な栄養分が頭皮まで届きづらくなり、その結果薄毛や抜け毛の原因となるというわけです。

睡眠不足よる原因

寝不足による原因

赤ちゃんが生まれてからは、授乳や夜泣きなどで睡眠時間が不規則になりがちです。しかし、人間は睡眠中に身体の老廃物や疲労を取り除くので、質のいい睡眠は重要な生活習慣です。

老廃物が溜まったままだと頭皮の血行循環が悪くなり、疲労が十分にとれないと起きている時にストレスが溜まってしまいます。

育児中の睡眠を十分にとることが難しいかもしれませんが、赤ちゃんが昼寝している時などには、自分も少し横になって休息や睡眠をとることをおススメします。あと、家族のサポートを求めることも忘れないでくださいね。

栄養不足よる原因

育児中は出産前と環境がガラリと変化し、赤ちゃんが中心の生活なります。自分の時間がとれず食事を簡単に済ませてしまい、十分な栄養素を食事から摂れなくなる方が多くいます。

髪の毛の成長にはたんぱく質やミネラルなどの栄養素が必要となるので、これらが不足してしますと薄毛や抜け毛が増える原因となります。

特に完全母乳(完母)は注意が必要です。赤ちゃんに母乳を与えることによって、自分の身体に必要な栄養分が不足して薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

母乳をやめてから髪の毛が生え始めたという方いますが、これは授乳をするほどプロラクチンという女性ホルモンを抑制するホルモンが分泌されるのが理由で、授乳をやめることでプロラクチンが減少し、今逆に今度は女性ホルモンが増加し髪が生え始めるというわけです。

このように母乳育児中は赤ちゃんに栄養を摂られるので、食事から栄養をしっかり摂ることが薄毛や抜け毛の予防になります。

産後ダイエットよる原因

産後ダイエットよる原因

近年、ママさん芸能人やママさんモデルが雑誌ややブログでの活動が目立っていますよね。「子供がいるとは思えない!」と言われるほど、出産前以上のスタイルをキープしているので、それに憧れて産後ダイエットを始める女性が多くなっています。

しかし、出産よって増えた体重を無理に減らそうとするダイエットは非常に危険です。

出産後に摂り入れらる栄養分は、出産でダメージを受けた母体の回復や母乳つくりのために優先的に使われます。そのため、頭皮や髪の毛へ送る栄養分が後回しになり薄毛の原因になってしまいます。

血行不良よる原因

肩こり

元々、肩こりや首コリを持っている人は首から上の血行不良の可能性があるので注意が必要です。

血液は身体全体に栄養分や水分を届ける働きを持っていますが、肩こりや首コリでの血行不良の場合、頭皮や髪に十分な栄養が届いていないので、普段から姿勢を正したりや適度の休憩などを取り入れて改善していく必要があります。

加齢よる原因

加齢による原因

30代後半より女性ホルモンは減少していくといわれています。女性ホルモンには発毛機能がありますので、年齢を重ねるごとに髪の量や髪質に衰えを実感する方も多いのです。

しかし、年齢のせいだからといってあきらめる必要ありません。大事なのは年齢にあわせた髪へケアをきちんとすることです。ケアをしていなかったら、薄毛になったりコシやハリのない髪になってしまうのです。

2人目以上の出産によるダメージ

1人目を生んだ時は髪へのダメージは気にならなかったけど、2人目を産んだ時には抜け毛や薄毛ひどかったという方もいまっす。

これは1人目をを産んだ時のダメージが残ったまま2人目を産んだ為、母体により大きなダメージを受けたためです。

出産後は自分が思っている以上に身体は回復していないものです。なるべく早く回復するためにも産後ケアをきちんとやることが大事になってきます。

甲状腺機能低下症の可能性

甲状腺ってご存知でしょうか?

のどの辺りにある臓器のことです。妊娠や出産をきっかけに、この甲状腺機能が低下してしまうことがあります。

症状としては、体がだるい、憂うつな気分なったりなどですがその中には髪がよく抜けるという症状もあります。

甲状腺に異常あるかも?と思ったら、病院での診察を受けた方が良いでしょう。簡単な血液検査や尿検査で甲状腺が異常がどうが調べることができます。

抜け毛を改善のための6つのケア方法

抜け毛を改善のための6つのケア方法

ここまでの産後の抜け毛の原因について、説明してきましたが、今度はその原因に対しての改善方法と予防について、1つずつ説明していきますね。

1. ストレスを減らす

ストレスによって頭皮の血行が収縮するので、ストレスを抱えるを大敵です。しかし、育児をしていて完全にストレスをなくすのは難しいですので、少しでもストレスを減らす工夫をしましょう。

女性は男性と違って、人に話を聞いてもらうことでストレスを発散することができます。母親や夫、友人に不安な気持ちや愚痴をぶちまけてみましょう(笑)。きっとスッキリするはずです。

また、時には赤ちゃんを預けてお出かけしたり、1人でお風呂に入ってリラックスするのもストレスを減らすのに効果的です。

2. 栄養価を食事でとる

栄養価を食事でとる

髪の成長に必要な栄養素は、普段の食事からとるのが効果的です。

いつもの食事の内容をちょっとだけが工夫して、栄養価のある食材を摂り入れていきましょう。

髪に良い栄養素は主に4つです。

髪に良い栄養素
  • ミネラル(亜鉛)
  • たんぱく質
  • カルシウム
  • ビタミン

これらの栄養素について、1つずつ簡単に説明しますね。

ミネラル(亜鉛)

ミネラルは髪の毛に艶を与える効果があると言われており、ワカメや昆布などの海藻類に多く含まれています。

ミネラルの中でも亜鉛は不足すると薄毛になると言われており、たんぱく質をもとに髪の毛を生成する働きをする欠かせない栄養素です。牡蠣、ゴマ、レバー、ナッツなどに多く含まれています。

たんぱく質

髪の毛は、皮膚と同様たんぱく質からできていますので、意識してたんぱく質を食事に摂り入れることをおすすめします。

動物性たんぱく質よりも、植物性たんぱく質が髪の毛には良いので、納豆や豆腐など毎回の食事でも取り入れやすいものを選ぶとよいでしょう。

特に大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をしてホルモンバランを正しく調整してくれます。水分補給のときに豆乳を飲むなども良いでしょう。しかも、豆乳は牛乳と違って乳腺炎になりにくいというメリットもあります。

カルシウム

カルシウムは、髪に艶、コシ、ハリを与えてくれる栄養素で、髪の生成をスムーズにしてくれる働きがあります。食品では、乳製品や小魚に多く含まれています。

ビタミン

ビタミンには代謝促進と老化防止に効果があります。血流改善の働きもあるので発毛促進に効果的です。

ビタミンの中でも、ビタミンB6は髪の主成分であるケラチンというたんぱく質を作るのに必要な大事な栄養素です。ビタミンB6を多く含む食品は、主にまぐろ、カツオなどの青魚です。その他、ごま、ピスタチオなどにも含まれているので、おやつ代わりに食べたりするのにも良いでしょう。

3. 質の良い睡眠をとる

質いい睡眠

夜の睡眠は成長ホルモン分泌が活発になるので非常に重要になります。22時~2時の間は副交感神経が優位になり、体の老廃物を排出して体の調子を整えてくれます。

育児や家事で忙しく、決まった時間に寝ることが難しいと思いますが、夜になったら無理に家事やらずにとっとと寝て、残り家事は次の翌朝に片づけるのが良いでしょう。

4. シャンプーで頭皮ケア

シャンプーで頭皮ケア

薄毛や抜け毛の原因で、必ずといっていいほど挙げられるのが頭皮環境が悪くなっているということです。

お風呂で髪を洗うときは、頭皮ケアがきちんとできるシャンプーを選んで使いましょう。授乳中でも赤ちゃんへの影響がないオーガニックシャンプーがおすすめです。

シャンプーする時に、頭皮マッサージも同時に行いましょう。数分で気軽にできるマッサージで全然OKです。

ちなみに、頭皮は顔の皮膚とつながっているので頭皮の環境が悪いと、顔のたるみや肌荒れの原因になってしまいます。

洗髪後に、濡れた髪ままのだと頭皮に常在菌が繁殖しやすくなるのでドライヤーできちんと乾かすことを忘れずに。

5. 女性用の無添加育毛剤を使う

女性用の無添加育毛剤を使う育毛剤と聞くと、男性の中年層が使用しているイメージがありますが、現在、女性の薄毛が増えてきたこともあって女性のための育毛剤が続々と登場しています。

女性専用のの育毛剤は男性の育毛剤と違って、ホルモンに働きかけるものではなく、頭皮へ栄養を直接を与え頭皮環境を改善するもの多いのです。

育毛剤を選ぶときには、無添加の育毛剤を選ぶと良いでしょう。無添加であれば授乳中でも赤ちゃんに影響がなく安心して使用することができます。

また、最近では出産後の女性の身体を考えた産後専用の育毛剤もあります。市販や男性用の育毛剤には授乳中の使用は禁止しているものもあるので注意しましょう。

6. 断乳後のサプリメント

断乳後のサプリメント

栄養素を気軽にとるなら、サプリメントを飲むのもおすすめす。赤ちゃんの影響を考え、断乳後・卒乳後に飲まれる方が多いようです。

髪の毛の生成に有効なLリジンや亜鉛が含まれているサプリメントが人気があります。

最後に

まとめ

ちょっと今回は、説明したいことがありすぎて文章が長くなってしましたね(-_-;)

私自身、産後の抜け毛を経験して、改めて思ったことは、女性にとって髪はホント大事なものということ。自分の毛がどっさり抜けたときは絶望でしたもん。好きなヘアースタイルにできないし、人目が気になって人に会うのが嫌だなと思うこともありました。

女性の薄毛や抜け毛は、男性の薄毛よりも改善しやすいです。あきらめずに、今回の説明したことを参考に頑張ってみて下さいね。